イスラーム歳時記

イスラームの暦は
「ヒジュラ暦」と呼ばれています。
それは、マッカ(メッカ)からマディーナへと聖遷(ヒジュラ)がおこなわれた年を紀元とするからです。西暦でいえば、622年のことでした。


ヒジュラ暦は太陰暦
世界の暦には、おおきく分けて2種類あります。太陽の動きによって作られる太陽暦、月の動きによって作られる太陰暦です。
イスラームの暦である「ヒジュラ暦」は、純粋な太陰暦です。月が満ち欠けして1周するのが、1ヶ月にあたります。月は地球の周りをおよそ29.5日で回りますから、月の満ち欠けによる「月」は29日または30日となります。
ヒジュラ暦は1年が12ヶ月ですが、その合計は354日となります。つまり、太陽暦の月よりも11日間短いのです。その結果、私たちが使っている太陽暦の方からみると、太陰暦であるヒジュラ暦は少しずつズレていくことになります。


今年は、ヒジュラ暦1437年
現在は、ヒジュラ暦では1437年にあたっています。
このヒジュラ年の元旦は、去年(2015年)の11月13日でした。また、ヒジュラ年の大晦日は、今年の10月1日と予想されています。ということは、太陰暦である1437年と太陽暦の2016年は2ヶ月近くずれています。
2009年は、元旦がヒジュラ暦1430年1月4日で、この1430年の大晦日が12月17日でしたから、二つの暦はほぼ重なり合っていました。これからも、毎年ずれが広がっていきます。


この歳時記では
ヒジュラ暦の流れと、それに合わせた行事や季節の話題を提供します。


これからの重要な日付
ラマダーン月(断食月):6月6日(月)の予想です。6月6日の夜に新月の観測をします。
イスラーム世界フェスティバル:京都で毎年開催されているイスラーム圏からの留学生が京都市民をお招きするディナー・パーティー:6月27日(月)。なお、このフェスティバルは一般公開されておりませんので、あしからず、ご了承ください。
断食明けの祭り:7月5日か、6日
犠牲祭:9月11日(予想)
ヒジュラ暦の来年(1438年)元旦:10月1日(予想)